正月休み

画像






年末年始は夏休みに続いて、家族を九州に呼んだ


んでっ 温泉旅行や



特急ソニックで出発

画像




前から セガレ おかあちゃん ムスメ

画像




画像




休みだから 昼からビール
この「ごぼうちぎり」 美味すぎ

画像




休みだから 昼からハイボール
へっ 何か問題でも ??

画像




ミッキーマウスみたいだな

画像




博多駅から約2時間で到着

画像




「山は富士 海は瀬戸内 湯は別府」

「別府温泉」へ


大分県別府市にある温泉街
源泉数、湧出量ともに日本一やっ




別府温泉を観光地化した最大の功労者 「油屋 熊八」

画像





ホテルへ

画像




セガレ in 露天風呂

画像





別府といえば「地獄めぐり」

http://www.beppu-jigoku.com/


八つの源泉を巡るツアー
この観光バスに日本で初めて女性バスガイドが採用されたらしい


ムスメとセガレは「出かけるのがめんどくさい」ということで
~そういうお年頃だな


おかぁちゃんと二人で行くことにした

観光バスは別府駅から出発しているので
まずホテルからタクシーで駅へ向かった

タクシーの運転手さんと話していたら、「安くするからタクシーでこのまま回りませんか?」
と しぶーぃ提案があった

天気はあいにくの小雨 バスの団体行動も煩わしいな
よーし 提案を応諾 ! 貸切やっ

画像






1.「血の池地獄(ちのいけじごく)」
酸化鉄の成分でお湯が朱色になっている

画像



画像




運転手さんがガイドしながら記念撮影も

画像







2.「龍巻地獄(たつまきじごく)」
20~40分間隔で噴出する間欠泉

画像



ギャラリーが吹き出しの瞬間を待っている

画像



噴き出たーぁ

画像




周りがコンクリートで固められていて風情はないなぁ
一度見れば十分でしょ






3.「白池地獄(しらいけじごく)」
白濁しているお湯

画像



画像



たいした見どころもないので
温泉を利用した「熱帯魚館」が併設されている

画像



お約束の「ピラニア」

画像



別府まで来て こんなもの見てもねぇ





4.「鬼山地獄(おにやまじごく)」
ここは酷かった

画像




ハリボテ鬼
画像




単なる「ワニ園」
画像




骨が飾ってあったりして ここが地獄であることを忘れさせてくれる

画像





さぁ 気を取り直して 次へ

5.「かまど地獄(かまどじごく)」
ここには地獄の一丁目から六丁目までがある

画像




画像




もう がっかり

画像






画像







6.「山地獄(やまじごく)」
ここは温泉の池はなく あちこちで水蒸気が噴き出しているだけ

画像



画像



ミニ動物園があったり 

画像



バナナがあったり

画像


何が何だかよく分からなくなってくる



だんだん飽きてきたところで
運転手兼ガイドさんがここで 余興を披露



ごくふつーの温泉にタバコの煙を吹きかけると

画像




すごい量の水蒸気が発生してくる !!

画像



オイラたちだけでなくて 回り観光客も驚いていたど





7.「鬼石坊主地獄(おにいしぼうずじごく)」
熱泥が噴き出している その様子がちょうど坊主の頭のように見える

画像



画像




画像





8.「海地獄(うみじごく)」
ここが別府地獄の中で一番広い
硫酸鉄の成分でコバルトブルー色している

画像



画像



画像





うーんっ はっきり言って八つも回る必要は無い

途中にピラニアやラマがいたりと中だるみし過ぎ

海と血と龍巻の三つで十分だな


タクシーでまわって正解だった
~自分たちのペースでまわれるもんね


運転手兼ガイドさんがサービスで連れて行ってくれた
「明礬地獄 (みょうばん)」

画像



この竪穴式住居の中では

画像



「湯の花」を生産している

画像




画像



画像



画像







ホテルで うだうだしている だろう 子供たちへのお土産

画像








画像