島めぐり ~ 五島牛とハコふぐ












画像










福江市に来たら必ず行かなくてはならない

「祇亜羅 (ギアラ)」へ  http://tabelog.com/nagasaki/A4205/A420501/42000127/


画像









1週間前に予約しておいた シャトーブリアン

画像









歯のない ばあさんでも大丈夫な柔らかさ

画像









タン ヒレ カルビ ロース トントロ の極上特選盛り合わせ

画像









焼きなす

画像









五島ぶたも いける

画像









うま辛ホルモン

画像









牛スジ

画像



相当レベル高くて コスパもいい
ここはお勧めだな  ただ、フロアーの女性店員の接客態度はサイテー

まぁ田舎モンだと思って 大目に見てあげようね 








マッコリ一升空けて店を出る












次は寿司屋へ

画像









「ハコふぐの味噌焼き」(かっとっぽ)を食べるため

画像


長崎県の五島列島で作られる料理で、ハコフグの腹を丸く切って内臓を処理したのちに、身を取り出し、味噌、酒、きざみねぎなどを混ぜ合わせて、再び腹に戻し、アルミホイルで包み焼きにする料理が”ハコフグの味噌焼き”。ご飯に良くあうおかずになるだけでなく、酒の肴としても活躍し、地元の人たちに親しまれている郷土料理だ。「ハコフグ」は、上五島列島周辺では”かっとっぽ”という呼び名で親しまれており、その代表料理である”ハコフグの味噌焼き”








地元の焼酎「五島(芋)」

画像


すっきり甘くてうまい焼酎




でもここで失敗

なんと「ハコふぐ」は最近全然獲れないらしく ずっと欠品とのこと 

店に入ってすぐにハコふぐがあるか尋ねたらよかった .....



仕方ないので 地魚の刺身を注文

画像


「白いイカ」  博多っこをなめんなよ








きびなごの天ぷらもイマイチ

画像









地産の「塩」は美味かったけど

画像








褒められたのは焼酎だけ

画像






意気消沈・がっかりして40分で店を出る

まだ残っているボトルはもちろんテイクアウト










このままじゃ 帰れないよなぁ

しかしここは日本最西の究極ド田舎  21時を過ぎると店はほとんど閉まってしまう
~ 徳島みたい








ホテルまでの帰り道の途中で見つけた焼き鳥屋へ ふらりと

画像









こんな 地元のよっぱらい相手の居酒屋

画像








画像









新鮮な「めかぶ」

画像








手作りの「ばらもん揚げ」
アジの揚げ天やな

画像


美味いぞっ








知らない小さい貝  フジツボ ??

画像









身を引っ張り出す作業は 老眼にはつらい

画像










店のオヤヂさんに「せっかくハコふぐ食べに来たのにどこにもない(怒)」と言ったら

「ぢゃぁ ふぐはないけど似たようなモンで作ったる」 と心強いお返事







ほれっ

画像


ふぐのかわりに「かわはぎ」で作ってくれた







そりゃ かわはぎの方が美味いよな

画像


腹の部分に「ネギ味噌」を詰めて焼く








〆は「冷汁」

画像


かつおの本節がいいね








焼き鳥屋なのに「やきとり」はなし

なぜって 「暑くてかなわんから 夏は焼かない」という あっぱれなワガママ



店名「武蔵」の由来は 「肉と魚の二刀流」らしい

だったら やきとり焼かないとねぇ オヤヂさんっ  まぁいいか 






がっかり気分も治って スッキリ ごちそうさんっ





画像




















/////////////////////////////////////////////////

















【翌朝】


朝メシは港近くで 再度「五島うどん」

画像









「あご出汁」がすっかりお気に入りになった

画像









朝から「うに丼」という 傍若無人なオヤヂもいる

画像
















福江港


画像










今日は博多に戻るだけ

画像


10:40 福江港発 → 18:55 博多港着 という 8時間超の船旅








ターミナルの土産屋

画像








画像









画像











東京自宅用に送った

画像


「鬼鯖(おにさば)」というオトロシイ名前










翌日には届く  この国のロジってホント凄い

画像

※東京からもらった画像ね  「関翌」とは 関東地方に翌日届けるという超速便のこと








画像


1,000円ちょっとの送料で クール便がこの距離を飛ぶ !!

胸熱っ  









画像









さば二枚重ねの棒すし

画像



こりゃぁ 美味くてあたりまえ 

関東では食べられない味だよね


「三井楽水産」 http://www.onisaba.jp/