ちょっと想い出した むかしの話



画像









移動中に聴く音楽CDを買った


レインボー・オン・ステージ

画像





レインボーのライブアルバム 1976年の初来日時の録音 


初盤は1977年発売 もちろんLP盤の二枚組 



オイラは中学生の時にクリスマスプレゼントで買ってもらった 

二枚組のレコードだから全四面 いちいちひっくり返して針を落とすのが大変

レコードはCDと違って針と接触しているから 
そのうちすり減って聴こえなくなってしまうと噂されていた

小心モンのオイラはびひって 即、カセットテープにダビング

カセットテープもヘッドと接触しているから
そのうちすり減って聴こえなくなってしまうと噂されていた

一回聞く度に テープの表面が摩耗していくんだなぁ と妄想していた
そんな中二病だった








リッチー・ブラックモア

画像


まだ存命だぞ
















初代ウォークマンが発売されたのもこのころ


画像



今では常識になったけど 音楽を気軽に外に持ち出せることを可能にした
画期的なソニーの商品  超爆発的に売れた













画像


なせがイヤホンジャックがふたつある
「ふたりで一緒に同時に聴ける」ため  こういうアイディアはすごい

もちろん 当時一緒に聴いてくれるヒトもいなかったオイラにとっては無用な穴だったが 













猿を使った「テレビCM」も印象的だった

画像
















ウォークマンで想い出すこと





オイラの中学校にアメリカ中坊が短期留学していたことがある(名前も忘れてしまったが)

半年後帰国の時期がせまってきたころの 帰りのホームルームで
「デビット(といあえず仮名)へのお土産を何にする ?」 という話題になった

「万華鏡」「扇子」「日本人形」 と貧弱な発想の意見が多かった

なかには「ペナントがいい」というビンボーくさいのもあった
アメリカの家に似合うはずないだろ

画像


昭和のみんなよ 覚えているかい ? みんな必死に集めたよな 








ああっ 何たる情けなさ  

欧米への劣等感から 大和魂もここまで落ちたのか

当時の日本人は毛唐に対して 主人の前で苦力のようにペコペコと叩頭するようであった

貴様らには「いつかみていろ」という気概はないのか

「鬼畜米英」「竹槍精神」はどこへ行ってしまったのか 



~当時は「アメリカが原爆を落としたのは、日本人が反省しなかったから当然だった」と
マヂで教えられていた ソ連のコルホーズ・ソホーズほど素晴らしいものはないとも教わった

画像


あの先生たちは今はどうしているんだろうね 









ヘタレ野村駐米大使に代わってオイラがデビットに宣戦布告し 真珠湾に第二次征伐やっ
という胸熱っ な妄想を繰り返していたが   ~当時からアブナイ少年だった



「このままではいかんっ 英霊に申し訳が立たない」 っと憂国の想いから 
オイラは挙手した

「もはや戦後ではない。時代は高度成長期である。ここはアメリカ人が逆立ちしても作れない日本の最先端技術のモノを贈って ガビーンと言わせるのはどうやっ ? 」

オイラの知的な意見にクラスが水を打ったように しーんとなった


オイラ 「これは 敵に塩を送る という我が国古来からの戦法であり 相手を油断させ 浮かれているすきに 軍備を再編し 屈辱的な「サンフランシスコ講和条約」を一方的に破棄し 再度 大東亜帝国の .......  」

センセー 「ハイハイ ここまで  っでオイラくんの意見に賛成の人は? 」




クラスのほとんどが賛成へ    ~ ハナタレ中坊にもサムライ根性は残っていたのである


センセー 「はいっ 過半数の賛成がありましたので オイラくんの意見を採択します」

       何でも過半数が民主主義だと思っていた    ..... 十五の夜  











当時の日本の最先端技術は色々あったけど

相手が中坊のガキ、飛行機に持ち込めるサイズということで「ウォークマン」に決定した







秋葉原の電気街にこの初代ウォークマンを買い出しにいった

当時はヤマダ電機とか家電の量販店はほとんどなかった 町の電気屋はいっぱいあったけど
ソニー製品は置いていなかった  ~ これは 松下VS ソニー の不仲にも起因する


当時は家電の在庫があるのは東京では秋葉原か都内の百貨店だった
今は百貨店に家電なんか売っていない




このころの秋葉原って 今とは違って とんでもなくアヤシイ街だった 

「秋葉原駅」はもともとも旅客は扱わない貨物専用駅

駅前には広大な「神田青果市場」があって(再開発で消滅) 国電のガード下にはダンボールを満載したリヤカーを引いている乞食の集落があちこちに
シンナーでラリッているあんちゃんもいっぱいいた 


女子供が歩けるようなところぢゃなかった 







画像


ここまで酷くはなかったけど












当時ウォークマンは品薄状態だったけど さすが秋葉原
なんとかゲットできた




もちろんは デビット(仮名)は喜んでいたぞ 

随喜の涙を流しながら 帰国していった 



まことに文明はこうやって伝わっていくのである














ウォークマンの電源は 単三乾電池二本


当時は実用的な充電池はなかったので みんなフツーの乾電池を使っていた

ウォークマンが爆発的に売れたこともあって乾電池のゴミ問題が発生したとも聞く

当時は水銀を使っていたので環境への影響は大きかった

乾電池の製造工程もイマイチなのか よく液漏れをおこした


画像


こうなると 機器本体にもダメージが大きかった






乾電池のゴミ仕訳が行われ 水銀フリーの乾電池開発 そして高性能充電池の開発と進んでいく


リチウムイオン電池の実用化に世界で初めて成功したのもソニーだった




昔のソニーってホント日本人の誇りだったなぁ  今のアップルよりも凄かったと思ふ











とりあえずっ