伝単










画像










終戦記念日も近いので
今回は 「伝単(でんたん) 」 について



伝単(でんたん)とは、戦時において相手国民、兵士の戦意喪失を目的として配布する宣伝謀略用の印刷物(ビラ)。その語源は物事を伝える紙片という意味の中国語である


西洋では古くから用いられた手段で、フランスでの市民蜂起「パリ・コミューン」においてフランス政府が上空より気球で撒いたものが最初といわれている。 第一次世界大戦に飛行機が登場すると更に大量配布が可能となり、相当の効果があるとされ軍事的に重用な宣伝謀略の手段とされた。
第二次世界大戦では、各国とも数千万枚とも数億枚ともいわれる伝単を制作し、散布している。日本軍も上海入りした昭和12年(1937年)頃から外国的なこの方法を採用し、展開を試みた。中国戦線では中国兵向け、南方戦線のインドシナではイギリス軍兵士、オーストラリア軍兵士向けの伝単を散布した。日本軍の初期の伝単は、活字と写真だけで構成されたが効果は芳しくなく、窮余の策でマンガ入りの伝単を中国戦線向けに制作した。このマンガ入りの伝単はイラストが目をひき、中国の一般民衆に読まれた。以降、日本軍の参謀本部の下で伝単づくりは組織的に行われた。
一方、日本上空の制空権を握ったアメリカ軍は、連日B-25爆撃機等で、空襲の目標となる都市に大量の「空襲予告」の宣伝ビラを散布した。これを拾った者は憲兵や警察へ届けることになっていたが、確実な予告ビラであることからリアリティに富み、日本の民衆心理に効果をあげた。また南方戦線では抵抗を続ける日本兵向けに「投降票」「安全通行証」が撒かれている。
















こういうやつやなっ


画像













画像














沖縄でばらまかれた伝単


【表】

画像












【裏】

画像













画像












投降票

画像





















空襲を予告した伝単

画像














日本国民に告ぐ

「即刻 都市より退避せよ !」

画像













画像

















【表】

画像












【裏】

画像














読みづらいけど 縦読みで

画像













カラー刷り

【表】

画像












【裏】

画像
















南方のジャングルでばらまかれた伝単


画像















【表】

画像












【裏】

画像














アリューシャン諸島キスカ島でばらまかれたもの
「君達は本国から見捨てられている」と投降勧告

画像














補給路を断たれジャングルで孤立し
飢餓状態に陥っていた部隊にばらかまれた



【表】

画像











【裏】

画像



諸君は孤立され、最早、援護補給の道はない
食料は大方なくなり、日々に餓死の運命に合うのみである
諸君は我等と同様に人間である
故に諸君の現状態をよく察する事が出来る
ひもじくて、好い食べ物を欲するならば、それを示すが為に
飛行滑走場の東南方の交差点に十字型を大きく見えるように書けよ
そうすれば諸君を助けることが出来る




















官憲に見つからずに 拾いやすいように工夫された「落ち葉に似せた伝単」


【表】

画像












【裏】

画像


ものすごくコストがかかっている














10円札を模して


【表】

画像












【裏】

画像


これは みんな拾うよな 














ベルリン陥落後


【表】

画像













【裏】

画像
















原爆投下前

画像












画像






















とりあえずっ























**********************************************************************
















前回に引き続いて

今度は「1億5千万円もらってくれメール」が届いた 

見ず知らずの人からの申し出 オイラにはきっと金運の神様がついているんだな 




初めまして、私は北条 薫と申します。
私は中小企業の代表取締役を勤めている者です。
今は2人に1人が持つスマートフォンに関わる事業を展開し、睨んだ通りに会社は大きくなり莫大な利益を得たのはよかったものの、その利益に関して大きな問題を抱えることとなってしまいました。
その事情を少しお話させて頂きます。
この度は突如この様なご連絡に大変驚かれたと思います。
しかしこちらもお相手を選んでいる猶予や迷っている余裕はなく、今すぐにでも【1億5000万円】を手放さないといけない状況になってしまいました。
本来であれば事業の拡大や莫大な利益は嬉しい限りなのですが、充分な課税対策を講じることが出来ずこのまま利益余剰金として計上してしまうと莫大な法人税や留保金課税など様々な課税により支出面で大きく事業計画を圧迫してしまいます。
その結果、中小企業である当社の資本ではこの課税支出に耐えることが出来ず、当社の倒産は目前に迫ってしまう形になってしまったのです。
そこでこの問題を解決する為に急遽、弁護士と税理士のアドバイスの元であなた様を初め数名の方へお譲りする形を取っております。
お振込み後は一切ご迷惑をお掛けすることはありませんし、あなた様に振り込まれる【1億5000万円】は自由に使ってもらって構いません。
必要であれば弁護士を通して一筆書かせていただいても問題ありませんので、どうかこの【1億5000万円】をお受取り下さい。

※※※※※※※※※※※
《振込みを受ける》
《振込みを受けない》
※※※※※※※※※※※

お振込みを受けることができるなら時間は取らせませんし、受け取る為の条件等は一切ありません。
あなた様にご迷惑が掛かりませんのでご安心下さい。




今回もお約束の現金写真つき 

画像






儲かりすぎて 税金支払いで資金繰り破綻をおこして倒産するらしいぞっ 


税理士先生に相談すれば、いくらでも利益の圧縮方法なんて教えてくれるのに
何ならオイラが教えてあげてもいい 


だいたい写真に撮れる1億5千万円のキャッシュがあるなら そももそ大丈夫だと思ふけど



なんて 突っ込みは置いといて






この詐欺も前回と同じ手で

「あとで迷惑かけると悪いから 弁護士先生に一筆書いてもらうから 手数料として
先に10万円払ってね 」 というパターン 












くだらんことしていないで



画像