【祝】 50周年











画像










10月1日 郵便局に行ってきた 





特殊切手 「新幹線鉄道開業50周年」


画像




画像



(1) 東海道・山陽新幹線0系
(2) 東海道・山陽新幹線100系と東海道・山陽新幹線300系
(3) 東海道・山陽新幹線N700A系
(4) 東海道・山陽新幹線700系とドクターイエローT4編成
(5) 山陽・九州新幹線N700系
(6) 山陽新幹線700系「ひかりレールスター」と山陽新幹線500系
(7) 九州新幹線新800系
(8) 東北新幹線E2系と山形新幹線400系
(9) 東北新幹線E5系
(10) 上越新幹線E1系と秋田新幹線E6系
シート余白:東海道・山陽新幹線0系




そう 今日は東海道新幹線開業から50年の記念すべき日

当然オイラはこの切手シートを2枚ゲットしたぞっ 



限定販売と言いながら 1,200万枚(120万シート)もあるので
希少価値はゼロだけど 欲しいテツは急げっ 
























面白い記事を見つけたので紹介 




「東海道新幹線 いくつもあった始発駅候補」


最有力は市ヶ谷駅

 2014年10月1日(水)、東海道新幹線は開業50周年を迎えます。それに伴いJR東海では当日の朝5時40分から6時頃、東京駅と静岡駅、名古屋駅、新大阪駅で出発式を開催する予定です。JR東海の本社は名古屋市にありますが、同社の柘植社長が出席するのはやはり東海道新幹線の始発駅で、日本を代表する駅としても過言ではない東京駅です。

 しかし新幹線の始発駅は、すんなり東京駅に決まったわけではありませんでした。もしかすると、東京駅ではなく市ヶ谷駅になっていたかもしれません。

 1940(昭和15)年、東京~下関間を結ぶ高速鉄道計画「弾丸列車」の建設が決定します。最高速度は200km/h。東京~大阪間を4時間半で連絡する予定でしたが、戦況の変化で1943(昭和18)年に工事が中断されます。この弾丸列車は東海道新幹線の前身とも言える計画で、これで確保されていた用地、着工されていたトンネルを流用することなどによって、東海道新幹線は5年という短い工期で完成しています。

 この弾丸列車計画において、東京の始発駅として最も有力視されていたのが市ヶ谷駅だったのです。候補はほかに東京駅、新宿駅、荻窪駅も挙がりました。しかし首都の中心部で利便性が東京駅に次ぎ優れること、建設費が荻窪駅に次ぎ優れること、都市計画上のメリットが大きかったこと、そして防空上の配慮から、市ヶ谷駅が有力視されていたのです。しかし最終的にどこになるか決定されないうちに、弾丸列車の工事は中止されてしまいます。




画像


          弾丸列車と新幹線建設にあたり、東京の始発駅候補となった場所





14ヶ所もあった新幹線始発駅候補

 戦後、1958(昭和33)年に東海道新幹線の建設が決定します。しかしこの際も、始発は東京駅と決まっていたわけではありませんでした。1959(昭和34)年頃、以下の14ヶ所が候補に挙がっています。

・山手
ワシントンハイツ(代々木公園付近)、明治神宮外苑、新宿駅西口、淀橋浄水場跡(西新宿)、新宿御苑

・中央部
市ヶ谷、代官町(北の丸公園付近)、竹橋、飯田町駅(飯田橋駅付近にあった貨物駅)

・東海道
品川駅、汐留駅(かつて汐留に存在した貨物駅)、東京駅八重洲側、東京駅丸の内側、皇居前広場

 このとき都市計画者は、すでに交通が飽和に達している都心部を避け、副都心に新しい中心駅を造るべきと主張。対し交通計画者は地下鉄網の急速な発達などを考え、都心部の東京駅に駅を造るべきと主張。さまざまな検討がなされたのち、最終的に品川駅、汐留駅、東京駅八重洲側、皇居前広場の4ヶ所に候補が絞られます。

 そして皇居前広場と品川駅の山側は用地の取得が難しかったこと、品川駅の海側は路線を北へ延伸させる際に海へ沿って線路を建設することになり、用地取得と工事が難しいことから落選。そして工費は最も高かったものの、用地取得のしやすさと利便性の良さから、現在の東京駅八重洲側が選ばれたのです。










「新大阪駅」になれなかったJR京都線の小さな駅

 東海道新幹線の終点、新大阪駅についても決定までは紆余曲折がありました。

 弾丸列車計画で大阪の駅は、現在のJR京都線(東海道本線)東淀川駅に設けられる予定でした……というよりこの東淀川駅自体、将来的に「弾丸列車新大阪駅」になる駅として、1940(昭和15)年に新しく設置されたものだったりします。

 しかし戦後の東海道新幹線建設にあたって再検討した際、大阪から山陽方面への延伸を考えると北方貨物線という貨物線沿いに線路を建設することが望ましいことから、その北方貨物線と東海道本線の分岐点付近に駅を設置することになり、現在の新大阪駅が誕生します。

 「新大阪駅」になれなかった現在の東淀川駅は普通列車しか停まらず、そんな過去があったことなど思いも寄らない雰囲気ですが、もし弾丸列車が開業していたら、まったく違った風景だったでしょう。





画像


           弾丸列車計画では東淀川駅に駅が設けられる予定だった






 またリニア中央新幹線の駅を大阪のどこに設置するか、大阪の政財界では現在のところ新大阪駅で、という流れになっていますが、それまでに大阪維新の会が梅田への誘致を試みるなど、様々な動きがあったことは記憶に新しいと思います。

 実は東海道新幹線を建設する際も利便性を考えて梅田、つまり大阪駅付近へ駅を造ろうとする意見が強く存在しました。

 しかしそれでは山陽方面へ延伸した場合、淀川に2ヶ所も橋を架けねばならず不経済なほか、遠回りになること、民家の密集地帯に線路を通す必要があることなどから、現在の位置に決まっています。また駅を宮原操車場付近に設置する案などもあり、もしそうなっていたら阪急宝塚線が新幹線アクセス路線になっていたかもしれません。














2014年10月1日、200km/h以上で営業運転を行う世界初の高速鉄道「新幹線」が開業50周年を迎えました。東海道新幹線の515.4kmから始まったその線路は現在、以下の6路線合計2387.7kmになっています(距離は実キロ)。

「東海道新幹線」東京~新大阪 515.4km
「山陽新幹線」新大阪~博多 553.7km
「東北新幹線」東京~新青森 674.9km
「上越新幹線」大宮~新潟 269.5km
「北陸新幹線(長野新幹線)」高崎~長野 117.4km
「九州新幹線(鹿児島ルート)」博多~鹿児島中央 256.8km
※山形・秋田新幹線は在来線のため除外





画像


 2014年10月1日現在の新幹線計画図。詳細ルートが未定の路線については仮のものを示す








【基本計画線】

「北海道新幹線」札幌市~旭川市
「北海道南回り新幹線」長万部町~室蘭市付近~札幌市
「羽越新幹線」富山市~新潟市付近~秋田市付近~青森市
「奥羽新幹線」福島市~山形市付近~秋田市付近
「北陸・中京新幹線」敦賀市~名古屋市
「山陰新幹線」大阪市~鳥取市付近~松江市付近~下関市
「中国横断新幹線」岡山市~松江市
「四国新幹線」大阪市~徳島市付近~高松市付近~松山市付近~大分市
「四国横断新幹線」岡山市~高知市
「東九州新幹線」福岡市~大分市付近~宮崎市付近~鹿児島市
「九州横断新幹線」大分市~熊本市














新幹線、100円玉になります 開業50周年で記念硬貨



画像



財務省は30日、東海道新幹線の開業50周年を記念した100円貨幣を来年3月に発行すると発表した。白銅と銅製の銀色で、東海道、山陽、東北、上越の4種類と、来年3月に長野―金沢間の開業が予定される北陸新幹線を加えた5種類を出す。裏面は、いずれも「団子っ鼻」の愛称で知られた初代新幹線「0系」を描いた





なんと山陽新幹線バージョンは

画像


500系やっ 




当然 これもゲットするよ 




こういう記念硬貨は上から目線のメガバンクでは両替を嫌がるだろうから
郵便局か信金へ行こうっ 


















コピペばかりの手抜きだったけど まぁいいか 









とりあえずっ














画像











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0