Time is money











画像







10月の出張強化月間もそろそろ終盤






松山で昼メシ


最近お気に入りの 「たにた」

http://tabelog.com/ehime/A3801/A380101/38001172/



画像


体重計を作ったり 最近は健康食ブームの火付け役の あの「タニタ」とは関係ない


たぶん 














よくある町の小料理屋

画像












画像


これで600円とは驚き 

おひたし 切り干し大根 具だくさんの味噌汁が単身者にはありがたい 










今晩の懇親会は激しかった  松山だもんね
カメラぶっ壊したら嫌なのでホテルに置いたまま出撃した 



例の「お茶屋」も行ったし ハイボール濃いめの「露口」にも運よく入店できた 
カメラ置いておいてよかった   ってどんだけ飲んでんだよっ 

















画像























翌朝

今日はいよいよ船で隣の大分県に渡るっ 

マンネリ化の激しい出張 こんくらいの趣向を凝らさねばやってられんっ 





今日の予定は 15:00から大分で打ち合わせ

ジョルダンで調べてみると




これが一番常識的な行き方

画像


約6時間30分 18,960円






でも 隣りの県(間に海があるけど)なのに こんな遠回りとなる


画像




田舎と田舎を結ぶ動線って こんなもんやななぁ 













高いところが好きな人には

画像


約3時間30分 29,430円  ※この図では松山空港で2時間待機となっている

もちろん機材は 変態様が大喜びの 36人乗りのプロペラ機やっ 


オイラには絶対ありえないルート 












オイラがセレクトしたのはこれ

画像


9時間38分 6,770円 


実際は 別府港には大分事務所の車が迎えに来てくれるので
もう少し縮まって 9時間ちょっいで着くはず




うーんっ 爆安だけど

「 Time is money 」
 
「時は金なり」


とはよく言ったもんだ
再認識やなっ 



「ヒマっ ! 時間の無駄遣い ! 」 と罵られようとも オイラはこれにした











 






まずは松山駅からヂーゼル車で移動 

画像


「宇和海 うわかい」 という 松山 ⇔ 宇和島を結ぶ特急










乗るのが恥ずかしい アンパンマン仕様

画像












八幡浜駅まで約50分

画像












想像以上に Shabbyな場所やっ

画像


タクシーでワンメーター











八幡浜のフェリー乗り場に到着する

画像










ふふっ 

画像












ここで切符を買うのか

画像


宇和島運輸フェリー http://www.uwajimaunyu.co.jp/











ほれっ

画像


1等で5,660円 2等だと3,100円 
いずれにせよ飛行機 電車とは比べ物にならない激安やっ  

自ら廉価な交通手段を選んで 経費節減に努める サラリーマンの鑑やな 


スタンプには 「1等相部屋了承済」 と書いてある

要は 「1等なので原則は個室だけど もし混んできたら相部屋になるかもしれないので
そん時は文句言わずによろしくねぇ 」 ちゅうコトやな










航路はこんな感じ

画像


片道89Kmを2時間50分かけて進む

うーんっ 時速30キロぐらいか  ちょっとした自転車並みやな 












すっかり廃れている フェリー乗り場

画像










八幡浜には「平成」はない

画像












さかな みかん ちゃんぽん が特産らしい

画像


要は何もない ド田舎っちゅうことやな 





しかし待合ロビーには全然ヒトがいないぞっ 

まさか 最少定員に満たずに「欠航っ」なんてコトにならないだろうなぁ 















そんな心配は 杞憂に終わり
定刻に乗船開始

画像











船名 「えひめ 」

画像


総トン数 2,486トン 旅客定員 610名 積載能力 乗用車150台
中型のフェリーやな













2等客室

画像


奴隷船 ? 復員船 ? 難民輸送船 ?











2階へ

画像










画像


最大8名利用できそう

もちろん1等客はオイラだけなので 相部屋はありえない











テレビもある

画像










ラウンジ

画像















デッキに出てみた

画像










海は凪なので揺れはほとんどない 

大海原に出ることもないので 常に陸が見えて安心やっ





画像












画像














記念撮影スポットやな

画像


でも誰もいない











なんと 運んでいるクルマは 1台のみ 

画像




乗組員に聞いたら
今日の乗客は20数名 

平日の中途半端な時間とはいえ 経営は大丈夫かい ????















船内の売店で買った 「じゃこめし」

画像


素朴な味で 美味いっ 









別府港まで3時間弱 さて どうやって時間をつぶそう ?
















画像