国宝を観に臼杵へ











画像




翌朝  うっすらと雪が積もっていた 












朝メシ

画像















国宝を観に行った

画像


『臼杵石仏』  http://sekibutsu.com/

古園石仏大日如来像に代表される臼杵石仏(磨崖仏)は、平安時代後期から鎌倉時代にかけて彫刻されたと言われています。
その規模と、数量において、また彫刻の質の高さにおいて、わが国を代表する石仏群であり、平成7年6月15日には磨崖仏では全国初、彫刻としても九州初の国宝に指定されました。
その数は、60余体にもおよび、このうち59体が国宝となりました。
石仏群は4群に分かれ、地名によって、ホキ石仏第1群(堂ヶ迫石仏)、同第2群、山王山石仏、古園石仏と名づけられました。
それぞれに、傑作秀作ぞろいであり、表情豊かな御仏の姿は、みる者の心にやすらぎをあたえてくれます。





臼杵 「うすき」と読む















画像










画像









ホキ石仏第二群
(ほきせきぶつだいにぐん)

画像


2龕(がん)からなり、第1龕には阿弥陀三尊像が見事な技術で掘り出され、その堂々とした軀体、中尊と両脇侍のそれぞれに異なった豊かな表情など、まことに見事な磨崖仏です。第2龕は、「九品の阿弥陀」と呼ばれ、比較的小さな仏像が彫られています。
※ ホキとは、「がけ」という意味の地名です。







画像












画像










画像











ホキ石仏第一群
(ほきせきぶつだいいちぐん)

画像


平安時代から鎌倉期に至るまでの磨崖仏が20数体並び、まさに壮観です。4つの龕からなり、第1龕は、如来坐像3体と菩薩立像2体、第2龕は阿弥陀如来坐像、薬師如来坐像、如来坐像の3体、第3龕は大日如来像ほか4体、第4龕は地蔵菩薩半跏像並びに十王像の11体です。いずれも秀作ぞろいです。











画像










画像










山王山石仏
(さんのうざんせきぶつ)

画像


中央に丈六の如来像と左右に脇侍の様に如来を刻む三体の如来像で構成されています。仏像の顔は輪郭が丸く、目鼻はこじんまりとして童児のそれをおもわせ、今にも語りかけるような口もとなどは、邪気のない純真無垢な童顔そのものです。通称「隠れ地蔵」と言われています。







ふーんっ

画像










画像


こんなに紫外線あてたら お肌はシミだらけになるぞっ 











画像










画像










画像










画像










画像










画像












古園石仏
(ふるぞのせきぶつ)

画像


古園石仏は、大日如来像を中心とする曼荼羅を構成し整然とした陣容をそなえる、臼杵石仏の中心的存在。通称古園十三仏とも、大日山石仏とも言われています。
特に中尊の大日如来は日本の石仏の中でも最高傑作の一つといえます。
- 高く秀でた眉、切れ長の伏し目に端正な顔、ほのかに紅を刷いた唇にあたたかい御心が通う。-
きわめて端厳な相好ですが、ゆたかな両頬や、ややとがった二十頤、切れ長の伏し目など幽玄で神秘的な雰囲気がただよいます。
制作年代は、平安後期を下らないと言われています。崩壊破損が甚だしかったのですが、修復工事(S33~)により平成5年8月25日には中尊大日如来の仏頭が復位され、昔日の荘厳な姿に復旧しました。

















画像


















名物(?) 『たち重』

画像









太刀魚のかば焼きやな

画像










画像


うなぎの代用品ってことか  なんかビンボー臭い 













『うさぎのこしかけ』

画像


たいそうな名前だけど











画像


アイスをせんべいで挟んだだけ 







臼杵の新名物が誕生!!

国宝臼杵石仏のお膝元で生まれたご当地アイス♪


画像


このうさぎの表情といい なんかシュールやな 











うーんっ

画像


こんな間違えするかね 


















画像











画像










ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0