諸行無常の響きあり










そういえば 航空機会社のロゴが入ったバッグも流行ったよね

画像



前回の「マジソンバッグ」について書いているときに思い出したけど
そこに書き込むと話が脱線しすぎて何が何だか分からなくなりそうだったので別記事にした











PAN AM ってかっこよかったね 憧れたな

画像


この世界を感じさせるデザイン
当時の日本では絶対に思いつかなかったろうなぁ


このバッグが流行るくらい 当時はまだまだ海外旅行は高嶺の花だった

「いつか オイラも海外に行けるかもしれないっ」 と小さな胸を膨らませていた当時のオイラ


行ってみたら たいしたことなかったけど




















オイラ的には PAN AM っちゅうと

映画 『2001年宇宙の旅』 やな




画像
















この宇宙ステーションに出入りしているスペースシャトルは

画像


PAN AMが運営しているんやっ (映画での設定)












ほれっ

画像












ほれっ

画像










この映画が製作されてのは1968年
当時の PAN AM はそりゃ凄い航空会社で
ぶっちぎりの世界一 しかも二位以下にかなりの差をつけていた

こんな状態だったから 将来(2001年)宇宙旅行ができるようになったら
当然 PAN AM が宇宙船を運営するんだろうな と思うのは当然


しかし時代は酷なもので PAN AM は1991年に倒産した
映画の舞台となる2001年の10年も前に消え去っていた 


うーんっ 鬼才キュープリックも見誤ったな















映画での PAN AM シャトル内

画像


左後ろのモニターに映っているのは

なぜか 日本の柔道の試合 なんだよねぇ 











画像


なぜっ 柔道











持っている宇宙食の容器にも

画像


PAN AM のロゴが















あっ PAN AM は『パンアメリカン航空』のこと
昭和生まれなら知っているよね




以下 Wikipedia から

パンアメリカン航空は、アメリカを代表する航空会社としてのみならず、まさに20世紀におけるアメリカの繁栄とその先進性を象徴する企業と見なされ、スタンリー・キューブリック監督の映画「2001年宇宙の旅」においてスペースシャトルの運行主体として想定されていたほどで(実際に1960年代後半に、世界最初の民間宇宙飛行の運行会社になることを想定し、アメリカや日本で乗客の予約を受け付け始めたことさえあった)、その終焉はアメリカ国民のみならず、全世界を驚嘆させる出来事となった。













本作に登場するコンピュータの設定や画面はIBMが協力しており、当初は随所にIBMのロゴがあしらわれていたとされる。しかしながら製作中に「コンピュータが人間を殺害する」というストーリーであることが判明したため、IBMは手を引き、ロゴもすべて除去された。取り残されたIBMロゴが、アリエス1B型の計器盤およびディスカバリー号乗員が着用する宇宙服の左腕コンソールについている。









これかっ  

画像











ふふっ

画像


見つけたぜっ 







キューブリックよ オイラのスルドい観察力の前では赤子も同然やなっ 


画像
















他にも 宇宙ステーションには

画像













HILTONがあったり

画像








アメリカが一番輝いていた時に製作されたんだと
よく分かる





どの会社も その後おかしくなってしまったけどねぇ 












『平家物語』

祇園精舎の鐘の声
諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色
盛者必衰の理をあらわす
おごれる人も久しからず
ただ春の夜の夢のごとし
たけき者もついには滅びぬ
偏に風の前の塵に同じ



【現代語訳】

祇園精舎の鐘の音には、すべてのものは常に変化し、同じところにとどまることはないという響きがある。沙羅双樹の花の色は、盛んな者も必ず衰えるという道理を表している。思い上がって得意になっている人も、その栄華は長くは続かない。それはちょうど、(覚めやすいと言われている)春の夜の夢のようである。勢いが盛んな者も最終的には滅んでしまう。まったくもって風の前にさらされて散っていく塵と同じである。


















美味しいだろうけど お行儀悪すぎ 






画像











画像










画像










画像










画像










うーんっ 


これに似たものを 駅のホーム床で良く見かけるよなぁ(終電近く)

なーんて 想像力豊かなオイラにはとてもできない荒業やっ





医学的には「吐瀉物」と言ふ 









しかし

お行儀悪すぎるだろっ 






















大阪本部ビルからの眺め



画像


大阪市役所(左) と日本銀行大阪支店(右)











画像


中之島方面












画像


食堂












ゴミの分別基準は東京より細かいけれど

画像


遵守率は数パーセント といわれている



これが関西クオリティやっ 













老眼鏡のケース

画像


普段使いの眼鏡のレンズは遠近両用にしているけど
机で書類を読むときは「老眼鏡」が無いともうダメやな

特に若い人が作る書類はフォントサイズが小さすぎて読みづらい 
頭が痛くなってくる 


ヒトに読ませるときは12pt以上にしてほしいよねぇ



新聞だって 文字はどんどん大きくなっているというのに  ったく

















大阪本部ビルの受付に飾られている 『桜』

画像


いよいよ春がやってくるねぇ