天満をうろうろ











画像











夙川寮から最寄りの駅 阪急甲陽線 『苦楽園口駅』



甲陽線は阪急の直系前身である阪神急行電鉄により開業された

開業時は沿線の甲陽園・苦楽園とともに行楽地であり、路線そのものも観光路線の色合いが強かったが、両者とも昭和期になると衰退し、代わりに今津線と同様、沿線に誘致された学校への通学客が多く乗る路線へと変化した。

当駅の西部一帯に苦楽園という地域があり、そこは大正期から昭和期にかけて温泉地として親しまれた。そこへアクセスする目的で設置されたため、苦楽園口駅となった。ただし苦楽園までは徒歩で20分程度かかり、急な山道を登ることになる。

春の花見シーズンには夙川公園を訪れる行楽客で賑わう



(Wikipedia から)













画像


夙川沿いにある小さな駅












オイラが使用している東口

画像


どっかの田舎の駅みたい 

一日の乗降客は7,000人にも満たない閑散駅




ここは関西屈指の高級住宅地のひとつ
地元住民の移動手段はクルマが主流なので (坂が多いのでクルマ必須や)
駅舎がどうこうとは拘らないらしい

もちろん変態テツが入り込む余地はない












不動産屋の広告も

画像


こんな感じで 貧乏人はすっこんでろっ とセレブ感を最大発揮させている












そんな苦楽園口駅近辺でよく使う コナモン屋 『京 Kei 』

画像


コナモン屋のくせに なんやかんやでひとり5,000円はかかる 

味は悪くないけど ぼったくり価格やなぁ

つうかコナモンの味なんてどこも同じようなもの
だってソースの味しかしないぞ













その『京』の階下にあるのが 焼き鳥屋 『とりまさ』

画像


ここも なんやかんやで5,000円はかかる 

熱燗飲み過ぎだろっ   という指摘は正しい
















画像


関西のスーパーで良く見かける 「茶色のパック」

たこ焼き・お好み焼き・やきそば・そばめし ......  茶色の色素はソースだね


「ぼっかけ焼きそば」 は牛スジ肉とコンニャクを煮込んだものを焼きそばに入れている
関東風に例えればソース焼きそばにスジ煮込みをぶっこんだもんだな

スーパー・マッドシティ 神戸市長田区のソウルフードやっ 






















画像





















今月は決算月なので出張は自粛
泊まりの出張は福岡の一泊だけだった
ずーっと 大阪に引き籠っていたなぁ 





夙川・苦楽園は上述のとおり物価が高いので
自然に夕飯は会社近くの梅田界隈でとることになる 

未だに「店でのひとりメシ」は不得意なので
誰かを誘ってのプチ懇親会となってしまうが









画像












画像













たまに無性に食べたくなるよなぁ

画像


すでに茶碗10杯分以上の糖質を熱燗という媒体で流し込んでいるので
コメやパンは不要やっ























画像


なんて 天満を褒め称えているけど











画像


道端にはこんなのが整然と置かれていて
カオスっぷりは超一流や 















日本一長いと言われている
『天神橋筋商店街(てんじんばしすじしょうてんがい)』

画像


南北2.6キロメートル 全部で600店あるそうや














なんか行列を発見

画像


なんやねんっ














ふくろうカフェ ???

画像


ふくろうが酌婦にとなってサーヴィスしてくる
ぢゃなくて フクロウを眺めながら人間が茶をしばくらしい 


『ふくろうと触れ合う癒しの空間』 だってさ








画像



はぁ ???

ふくろう眺めて癒されるか ???   どんだけストレス耐性弱いんだ

世も末やな 




どーりで並んでいるのは脳が弱そうな薄幸カップルばかりだった





納得だねっ 


















大阪天満宮

画像






大阪府大阪市北区に鎮座する神社(天満宮)。別名に天満天神・浪華菅廟・中島天満宮がある。大阪市民からは「天満(てんま)の天神さん」と呼ばれ親しまれている












画像




学問の神様「菅原道真」が祀られている

901年に菅原道真が、藤原時平により九州大宰府へ配転(左遷)させられた際、同地にあった大将軍社に参詣した。903年に菅原道真が没した後、天神信仰が始まる。949年に大将軍社の前に7本の松が生え、霊光を放ったという奇譚が都に伝わった。そのため村上天皇の勅命によって天満宮を建立させたのが始まりである













画像













画像












画像














絵馬がぎっしぎし 

画像


神様も大変だぁ 











「合格御礼」 っていいね

画像


お願いしっぱなしはダメだぞ  ちゃんと御礼参りもしよう












画像














さくらは一分咲き

画像


















画像





















天満天神繁昌亭(てんまてんじんはんじょうてい)

画像


上方落語唯一の寄席











画像


大阪に寄席がひとつしかないとは驚いた

先日亡くなった桂米朝が奮闘しなければ
上方落語は消滅したかもしれないと言われている


人間国宝なのに葬儀の弔問客は1,500人足らずだったらしい
上方落語は過去の文化遺産となっていて お笑いは「吉本」なんだろうなぁ

少し悲しいねぇ 














画像


こっちのほうが大阪らしいね 


























画像













地元で有名らしい「もつ鍋屋」 珍竹 (チンチク)

画像













画像













ごて焼き

画像


地鶏の炭焼き












画像


もつ鍋 + 地鶏焼き



これって九州料理だよね 

もつの新鮮さは福岡のとは比べ物にならなくて

残念でした 




















画像