【追記】 S660のはなし








画像




いよいよ今月発表




どうもこのままのスタイルで発売されるようだね 











画像


HONDAよ やるじゃん 












画像


ふふっ 













MRなのでエンジンルームは車両後部にどーんっ

画像












エンジンは
さすがに専用エンジンを開発するわけにもいかず

画像




N-ONE等で採用されているS07A直列3気筒DOHCターボ

〈エンジン型式〉S07A/水冷直列3気筒横置
〈最高出力〉47kW[64PS]/ 6,000rpm
〈最大トルク〉104N・m[10.6kgf・m]/2,600rpm

ホンダでは珍しいロングストローク・エンジン


このエンジンを 「高回転志向、最大トルクも10.6kgm越え」 を目指す専用チューニングを施すらしい 



楽しみやなっ 














画像


















ミッションは

画像


■7速のマニュアルモードを持つCVT

■新開発の6速MT











画像


6速MTなら、クロス気味な設定にして おいしい回転数でガンガン走れるようだといいなぁ 

















ネット時代は恐ろしいもので

画像


発売前のこんな内部情報が ダダ漏れやっ 











画像













画像


車重は6速MTで 830Kg  初代ビートが760Kgだったから プラス70Kg
ちょうど成人男性がひとり分が増えた感じか

初代ビートにはパワーステアリングも無かったし
ABS エアバッグもまだまだ出だしのころだったので
この重量増は已むなしか













画像


前45 : 後55 の重量バランス 













画像


乗り出しで 250万円ぐらいか












画像


屋根はキャンバス生地の巻き取り式
電動式など不要 ただし屋根付き車庫じゃないと心配だろうな



















画像



















わくわくやな 


なんて油断していたら スズキがすげーのを出してきた





画像


アルト ターボRS












画像


車体価格が130万円からと かなり戦略的な設定












画像


スピードメーターが 140Km/h なのが泣かせる 

これは法定なので仕方があるまい S600も同じ













凄いのが 車重

画像


670Kg しかない

S600よりも160Kgも軽い
エンジン性能はほぼ同じようなモンだから この重量差はスピードの違いに現れる

『バカっ速やなっ』 





もちろんおっさんのオイラは今更 『バカっ速』 には興味ないし

駆動はFF ミッションはオートマしか設定されていないというのでは
オイラには魅力なし


値段設定からも 完全に若者向けの車やな 



















初代ビートからの進化が楽しみ



画像





画像






画像






画像


レッドゾーンが8500rpmから   バイクかっ











画像

















とりあえずっ






















これ考えたヤツを尊敬する

画像






















画像



親子 仲良くね