【セトラー】 昼メシ財布










画像








昼メシは外メシ 

今まで食堂が併設されていない職場にはいなかったので
「今日の昼メシは何にしようかな?」 という悩むことがなかった


虎ノ門近辺は物価が高いので
ふつーに外メシでは900円くらいかかる 

もちろん探せば
ワンコインランチ(500円なんかも)もあるようだが
オイラは
危険な加工食品を摂る趣味はないので
完全パス 




画像













当然支払いは現金 
毎回1,000円札を持って 外出するわけだが
いちいち財布を持ち出すのがメンドウ 


オイラの札入れは長財布なので
持ち歩くのには不便なんだよね




そこで
昼メシ用に1,000円札だけ入れておく財布を買ってみた







どーでもいい財布なので
前から気になっていた「セトラー」を買った

画像


革好きにはチョー有名な
エイジングの帝王











こんなになっちまう

画像









画像



これでもかっ 

というくらいエイジングしまくる




ただし
カジュアルすぎるので 分別のあるオトナが持つものではない
スーツには絶対に似合わない  (`・ω・´)キリッ

はっきり言って
『ガキ』の持ち物


今まで手を出さなかった理由がコレ









まぁ 今回は昼メシの時にしか使わない
サブ財布なので ガシュアルだろうとどーでも良い


久しぶりに
真っ新の状態からのエイジングをやってみることにした









画像


こんなちっちゃい L字型のファスナー財布

エイジングが激しい「ブラウン」が鉄板だけど





なんと
「ブラック」が新発売されていた 

画像



色自体は激的に変化しないだろうけど
艶や深みはそれなりに味わえるでしょう 

これがオトナの選択 




っで

速攻で購入


数年前は1万円もしなかったのに
いつの間にか値上げしやがって
12,960円もした ..... 




















ここからは早送りで 


画像








画像








画像


イングランド製







画像








画像








画像


天然素材しか使用していないので
地球にエコ マーク







画像


スイスのファスナーメーカー 『 riri 』 
スムースさや確実さは YKK の方が数段上







画像


中には数枚のコインを入れられるポケットがある
小銭入れは別持ちなので ここは使わないな






画像


内張りもナイロンなどは使わずに
あくまで天然素材







画像


VEGETABLE TANNED FULL GRAIN LEATHER

植物タンニンでなめした革の表面で一番外側の部分 という意味
生きていた時についた傷(トラとも呼ぶ)もそのままにしてある







画像


千円札を二つ折りにして10枚程度つっこめる
現金追加用のキャッシュカードも







画像


昼メシ外出のお供 


















強烈なエイジングをする「セトラー」

定期的にブログでその変化の様子をアップしていくつもり














【現時点で不満なところ】



コバの処理 


画像


画像


画像


綺麗に処理されているようだけど
これは「コバ塗り」というやつ












画像


画像


画像


何の染料・顔料なのかは不明だけど
がっつり塗り過ぎ 




でも
1万円台のものにそこまで求めるのは酷か
しかも サブ財布だし .....











でも
コバはやっぱり

画像


「磨き処理」
 だよね
















ここからは記録用

2017年7月14日 未使用状態



画像


画像


画像


表面はがっさがさ 
エイジングでツルピカになるはず


画像


シルバーの金具っていいね 
革色をブラックにした理由のひとつ













つづきは 1ヶ月後ぐらいに











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0