四国のカド⑥ 










画像













4つある「四国のカド」
昨年の9月までに3箇所は制覇していた

画像


残るは
「最西端の佐田岬 さだみさき」 ひとつとなっていた

愛媛県伊方市にあるんだけど
ここは4つのカドの中では最難関 

大阪からは距離もたっぷりある
直線距離で360kmも離れていて

画像



道路の整備も悪いので
クルマで片道6時間もかかる 


「軽自動車で往復12時間 !!!


なかなか踏み切れずに躊躇していたが
いよいよ
4カド制覇という人類初の偉業を達成すべく決心した  (`・ω・´)キリッ




問題は旅程をどう組むか

地図上の片道6時間は渋滞がなく順調に進めたとしても
途中休憩などを考慮すると8時間近くかかるのが実態

これを一日で遂行するのはいくら何でもムリ
(ドライバーひとり しかも軽自動車では ....)


四国内の高速道路は片道一車線の部分が多く
スピードが稼げない 

よって大阪からの旅程を考えると
いかに早く四国入りを果たすかが勝負のポイントとなる  (`・ω・´)キリッ


勝負って何だ ???
















仕事が終わった金曜日の夜に出発することにした 

画像


山陽自動車道をひたすら進んで
倉敷JCTから瀬戸中央道に入って
瀬戸大橋を渡って四国に入るルート 

2時間30分強のドライブ














香川県坂出市で一泊

画像


坂出で一番安かったビジネスホテル
寝るだけの部屋

カルロス・ゴーンもこんな部屋に収監されているのだろうか 











あまりにも恐ろしくて
この掛布の下を見ることはできない 

画像


寝てる間にお化けが出たとしても
疲れ切っているので気付かないでしょう 


朝食付きで一泊4,800円なんだから
細かいことをいちいち気にしてはいけない 




















翌朝は
残ながらの 「雨 

画像



うーんっ
これは想定外だった 

旅程ばかりを考えていて 旅行には大事な天気のことを考えていなかった

「策士 策に溺れる」 とはこのことか 




特に早朝は激しい雨だったので
予定していた「善通寺」行きは中止することにして














愛媛県新居浜市にある
「別子銅山記念館」 

画像












あっ

途中で ゾロ目げっと 

画像
















画像


1690年から280年以上銅が発掘されていた「別子銅山」の歴史や技術を後世に伝える博物館
ここは今の住友グループの発祥の地となる












画像








画像


ものすごく整備されている
カネがかかっているということだな

住友グループの気合がびんびん伝わってくる 












画像


こんな立派な狛犬は久しぶりに見た







画像













入館料はタダ 

画像


展示物もかなり貴重なものが多い











画像


華やかさはないけど質実剛健というか
硬派な博物館で気に入った 



公式HP
https://www.sumitomo.gr.jp/history/related/besshidouzan/museum.html












日本初の山岳鉄道「別子1号機関車」の現物は

画像


おそらく日本ではここにしか無いのでは


















画像


























近くにある
「道の駅 マイントピア別子」

画像








画像


なんか嫌な予感が ..... 











画像








画像


『やっぱり』 だった 













なるほど

画像


冬季は「東洋のマチュピチュ」は閉鎖されてしまうんだね

どーりで閑散としているんだ 













これを見て我慢しろということか 

画像


しかし
「東洋のマチュピチュ」 って図々しいネーミングだよなっ

行ってみたら がっかり感がハンパないぞっ 













無理やり
 招致されたペルー大使が

画像


迷惑そうにしているとしか思われないのは

オイラだけ ???



勝手に「東洋のマチュピチュ」だと名乗っていて
ついでに本場のペルー大使を呼んでしまうなんて
恥知らずだよな 






ここは
滞在時間10分で退散して





あとは
ひたすら「四国のカド」を目指す


画像



この3時間のドライブが一番大変だった




さて
いよいよ 






















画像












画像