2019年夏休み【後編】さくらの植樹












BA8D0033-96AA-4C24-BE3C-A34788E664FC-28468-00001384743A8A9B.jpg









最終日
ホテルから車で30分くらいで着く

G3000625.JPG

「ラビスパ裏磐梯」

よくあるスパ施設だな











温泉プールに併設されたウォータースライダー

DSCF0260.JPG

ムスメはかろうじて記憶に残っているらしい
セガレはちんぷんかんぷん まぁ仕方がない











この施設の奥に桜が植樹された地区がある

DSCF0264-COLLAGE.jpg

愛子内親王の誕生祝に企画されたものなので
実際に植樹が始まったのは2002年か2003年頃だと思ふ

当時オイラの両親が孫たちの数の分だけ桜を植樹をした












何百本? 何千本? が植樹されている

G3000627.JPG



ここを訪れるのは2006年8月以来
実に13年ぶり 

孫たちの桜がどこに植えられているのか全く覚えていない
炎天下の中「桜探しゲーム 」となった 







スパの受付で問い合わせてみると古い資料を引っ張り出してくれて

G3000633.JPG

「A-77,78,79」にありますよ とメモを渡してくれた 










これが案内看板

G3000634.JPG











これがA区画

G3000631.JPG

「A-77 ~」のメモをもらったので楽勝で探し出せると思っていたが
A区画は看板から特定できるんだけど 肝心の「A-1」がどこから始まっているのかが分からない 

仕方ないので端から一本ずつしらみつぶしで探すことになった 

今夏最大の試練や 




山の斜面を1時間ほど探して
ようやく見つけた


結局A区画の一番奥だった 







G3000640.JPG

歩き回って ヒザががくがくや 













これは亡くなった長男の桜 

G3000646.JPG







G3000645 (1).JPG

樹齢20年といった風格 












ムスメたちにとって「いとこ」の桜 

G3000642-COLLAGE.jpg

細っちくて残念ながら全然育っていない 












ムスメとセガレの桜 

G3000658.JPG







G3000654.JPG

日当たりが良い場所なのか アタリの木だったのか
この桜が一番良く育っていた 










G3000659-COLLAGE.jpg










長男の桜と

G3000674.JPG




















2006年8月5日

IMG_8192-COLLAGE (1).jpg











一番隅っこだった 

DSCF0300.JPG




















G3000694.JPG

今回は仙台時代の想い出を辿る旅だった 




















ここからは
次回訪問した時に迷わないように備忘録として記録しておく
読み飛ばしてくれ


①「ラビスパ裏磐梯」の奥の駐車場

DSCF0303.JPG

この入り口から突き当りまでまっすぐ進む







② 左手に「記念碑」

DSCF0297.JPG

とにかく真っ直ぐ







③ 左側が高くなっている

DSCF0295.JPG

杉並区の植樹記念の杭がある







④ まだ真っ直ぐ

DSCF0292.JPG

所々に白杭が左側に見える







⑤ まだまだ真っ直ぐ

DSCF0290.JPG







⑥ ようやく突き当りに

DSCF0289.JPG

ここで右へターン 下りとなる







⑦ 隣の「B区画」との境にある

DSCF0288.JPG

道を挟んで右側にムスメとセガレの桜
左側に長男と親戚の桜がある









⑧ 植樹案内図

G3000633-COLLAGE.jpg



















8D92112E-311F-4666-974C-69006A69D3AE-28468-0000138455C214C5.jpg









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0