汚れたら自分で作れ











G3002066.JPG








6月末で大阪を引き払ったけど
今回2泊3日の大阪出張
IMG_1080.JPG

会社から一番近いホテルに宿泊
たぶんしばらくは月1回ぐらい出張がある予定


時節柄
東京からの出張者はコロナ菌を運んできたかのような冷たい視線で迎えられる











酔っぱらってコンビニに行くと
IMG_1082.jpg
こんなものを無意識に買ってしまう

















愛飲しているアイコスの布ケースが
こ汚くなったので
G3002064.JPG

ばらして 型紙を取って 革で自作した









ほれっ

DSCF7482.JPG







DSCF7481.JPG







DSCF7490.JPG







ネイビーの革にネイビーのステッチ
DSCF7489.JPG
あえて同色にしたけど 革のエイジングが進むと(色が濃くなって黒っぽくなってくる)
ステッチの青色が映えてかっこよくなる







もとの布ケースに付いていたマグネットを流用して
DSCF7486.JPG
ベロ(フタ)がパカパカ開かないように工夫







アイコス本体のフタ開閉ボタン部分は
DSCF7485.JPG
どうしても傷になってしまうけど
これが「味」というもの (`・ω・´)キリッ



難易度の高い部分を縫う必要もあったので
作成には20時間くらいかかった

革のヘリも丁寧に処理した傑作や
あと20年は余裕でもつな



全然禁煙するつもりがない ということか

















前職で上司だった方と神田でランチ
IMG_1079.JPG
神田で有名な「とんかつ屋」さん

店員は全員女性 低温でじっくりあげたロース肉が美味すぎて
タマランチ会長

















ついでに革製品を紹介

DSCF7491.JPG

15年以上(たぶん)使い続けている「メガネケース」







色はネイビーとハバナ
DSCF7492-COLLAGE.jpg
ハバナはこげ茶色 この色は今では廃盤になっていて似たような色がシガー(葉巻色?)として販売されている
裏地はピッグスエード(豚革)







イングランドの老舗「ホワイトハウスコックス」の製品
DSCF7496.JPG



DSCF7494.JPG

当時の値段はひとつ9,000円くらいだったけど




今では
無題.png

なんと税込みで18,700円もする

約15年間でほぼ倍になっているということか
革製品(特に輸入品)の価格高騰はホント激しい

さすがにこの値段ではオイラも買わないな







30110126_06_1007_2.jpg
15年以上モデルチェンジしていないようだね










エイジングが良い感じ
DSCF7498.JPG

ふふっ












DSCF7499.JPG

革製品を長くきれいに保つコツは
定期的な手入れと適度な休息
 (`・ω・´)キリッ

手入れと言ってもやたらと革クリームなどを塗ってはいけない
革に油分が染み込み過ぎると革のコシが抜けてヘナヘナになってしまう
いったん染み込ませた余分な油分を抜くのはまず不可能
表面が乾いたなと気づいた時に薄ーく塗るだけで十分

適度な休息とはずっと使いっ放しにしないということ
半年タームで使用・休息を繰り返すと いい感じにエイジングするし革も元気を維持できる
革靴だって毎日履いていたらすぐダメになるよね














職場で使用している老眼鏡入れをネイビーからババナに交替
DSCF7502 (1).JPG









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0